Blogスタッフブログ

なぜ今「採用」なのか ―採用力が問われる時代―

いきなりですが、企業(経営者)の悩みというと、何が思いつくでしょうか。

・売上
・コスト削減
・資金調達
・人材確保
・人材育成(定着) などなど

経営者にとっていろいろと悩みは尽きないですが、ここ最近企業(経営者)の悩みというと、「優秀な人材が採用できない」という声をよく耳にします。

 

「以前はハローワークで募集したらすぐ集まっていたのに…。」
「求人広告さえ打てば何人かは応募があったのに…。」
「良い人材が入社しても一向に定着しないのは何故なんだ…。」

 

いかかでしょう?
企業を取り巻く「人」についての課題が増えていませんか?
そんな「人」についての課題が多い、採用氷河期と叫ばれる昨今、企業の人事・採用担当者に求められるのは何のでしょうか。
また、中小零細企業をとりまく「採用活動」はいったい何が起きているのでしょうか。

 

採用の「戦略」と「戦術」

人事・採用担当者の方は当然、
「うちは昔からのやり方で人材確保をしてきている」=戦略?
「任せている求人広告会社がある」=戦術?

と思われていると思います。

しかし、「戦略」と「戦術」と言っても実際は、
「いつもの求人媒体に求人広告を依頼。採用経費はいくら使うか?いつまでの期限で何名採用するか。」
といった内容が多いように思います。

もちろん「今まで」その方法で人材確保・採用が出来ていたのであれば問題ありません。
しかし、労働人口の減少が加速、少子高齢化の影響もあり、周りを見回してみても日本全体の労働力が足りていない…、と言うのがまさに「現実」なのです。
今までのやり方では通用しなくなったと自覚せざるをえない今、将来に向け人事・採用担当者には具体的な施策・活動が求められています。

 

「採用活動」が重要な時代に

経営課題として今後、間違いなく採用活動が重要な時代がやって来ます。
「経営戦略=採用戦略」との認識を強く持つ必要があるようです。

 

採用戦略とは
・母集団形成
・ペルソナ設計
・採用ブランディング
・媒体特性

を把握、研究・駆使し、
求める人に対して、どうやって自社に応募してもらうか?」と自社に適した優秀な人材を獲得するために立てる方策です。
言い換えれば「自社の強みを明確にする」作業です。 

人事労務の分野で従業員のサポートをするためには、「労務環境の整備」といったことだけにフォーカスするのではなく、企業が抱えるヒトの問題を総合的に解決することが必要です。

先日の「働き方改革セミナー」でもお伝えしました通り、どれか1つ問題を改善したとしても、またどこかで歪は生じるもの。
問題の本質に柔軟性をもって向き合い、「採用」も視野に入れた自社の課題を明確にして、時流適応していきましょう。

 

とは言え⁉

 

「何から始めていいかのかわからない」
「現状から脱出したいけどどうしたらいいかわからない」

本音を言えば、そんな経営者、採用担当者の方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方は一人で悩まず、我々M’sHR社会保険労務士法人にお任せください。
人事労務のプロとして、労務に関する手続きはもちろん、採用に関するお悩みやご相談など、皆様のご負担軽減のサポートをさせていただきます。

お問い合わせはこちら

 

また、マインズグループでは「採用」に特化した研究会、ひょうごHC戦略ラボを4月からスタートさせております。
定期的にセミナーも開催しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

 

12月26日(金)開催
【ひょうごHC戦略ラボ】
採用戦略コンプリートセミナー2018 総集編

 

 

Share