Serviceサービス紹介

各種保険手続業務

各種保険手続業務

昨今の情報開示の流れから、従業員の方々も手続き内容の把握ができるようになり、より正確性が要求されるようになってきました。人に関する手続業務は複雑多岐にわたり、しかも手続き内容が毎年のように変わります。その全てを把握するのは困難になりつつあり、ちょっとした手続きの間違いや漏れが大きなトラブルを招きます。
また、給与計算と同じく一人の担当者がすべての手続業務を担当していることが多いため、突然の退職や休職の際に混乱するリスクが高い業務でもあります。“本業”には直接関わりのない社会保険・労働保険の官公庁への届け出、申請手続等、面倒な業務は一括してM’sHR社会保険労務士法人へお任せ下さい。

労務相談・顧問

労務相談・顧問

M’sHR社会保険労務士法人では、ベスト会議pro(オンライン面談)による労務相談を行っております。申請書類やExcelなどを画面でお客様と共有することで、より詳しい説明を可能としました。
また、企業のお困り事を診断し、定期的に開催している労務管理勉強会やセミナーをご案内しております。社長が“本業”に専念できる社内体勢作りと経営の効率化、安心して働ける職場環境整備、組織成長の促進をサポートします。

給与計算代行業務

給与計算代行業務

給与計算のアウトソーシングや代行でその企業の残業が全体として減る可能性があります。また、給与計算をアウトソーシングすることにより、“本業”に専念することができ、企業発展の大きな転換期になる可能性を秘めています。貴社の給与担当者の代わりとなって、給与・賞与計算、年末調整業務などの月次・年次業務をトータルサポートし、煩雑な給与業務を軽減。法律改正などの専門知識が必要とされる業務は、M’sHR社会保険労務士法人へお任せ下さい。

就業規則作成サービス

就業規則作成サービス

企業規模を問わず、その役割は一層高まっている就業規則。変わりゆく雇⽤規制に適切に対応し、労使トラブルを未然に防ぐ“ルールブック”だけでなく、人財難に生き残り、着実に発展していくためのツールとして活用するものと考えてみませんか。
M’sHR社会保険労務士法人では、雇用管理の円滑化と雇用トラブルの発生を未然に防ぐために会社独自のルールや実態を反映しながら、最新の労働諸法令に則った規程整備のサポートを行います。

助成金申請コンサル

助成金申請コンサル

助成金は、雇用保険料の一部を財源として、国の施策(雇用の創出、安定、確保など)を実現するために支給されるものであり、雇用保険に加入していれば企業規模に関係なく受給できる権利があります。
「採用」や「正社員比率の増加」「従業員の教育・研修・評価を通じたキャリアアップの促進」「女性や高齢者が働きやすい労働環境の整備」など、企業が成長するために必要とされる政策に則った一定の要件を事業所が満たし、申請をすることで受給できるものが多いため、M’sHR社会保険労務士法人では、お客様の物心両面の職場環境整備のご提案を行い、組織の活性化と成長促進の助成金受給のサポートを行います。
M’sHR社会保険労務士法人へお任せ下さい。

企業型確定拠出年金(401k)

企業型確定拠出年金(401k)

少子高齢化社会の到来により、年金支給水準の低下や支給開始年齢の引き上げなどにより老後の生活を公的年金のみに頼ることは難しくなってきています。そのような公的年金の不安を払拭し、従業員の自助努力を支援する“新時代の福利厚生”である確定拠出年金制度が注目を集めています。
企業型確定拠出年金(401K)を導入することで中小企業でも、大企業並みの企業年金制度の整備が可能となり、従業員の将来への備えや老後資金の確保を充実させることで、従業員のモチベーションUPや会社に対する帰属意識を高め、人財定着の有効な手段として、企業型確定拠出年金(401K)の制度導入のサポートを行います。