Blogスタッフブログ

企業型確定拠出年金(401K) 特別セミナーを開催いたしました。

401K

3月16日に顧問先様限定の企業型確定拠出年金(401K)特別セミナーを開催しました。

今日はその時のお話をご紹介いたします。
講師は当法人代表の河本尚吾。

今回お越しになられた方々は、

  • 社会保険料の負担減を考えられている 飲食業の人事担当者様 (姫路市・男性 30代 ・従業員数 1,000名)
  • 退職金制度等を考えられている    販売業の人事担当者様 (姫路市・女性 30代 ・従業員数 100名未満)
  • 福利厚生の充実を検討されている   販売業の経営者様 (姫路市・男性 30代 ・従業員数 10名未満)

上記は一部の顧問先様ですが、他にも様々な業種の経営者様、人事担当者様が参加されました。

 

社会保険の性質・会社負担の保険料の基本をおさらい

まず始めに、社会保険の性質や会社としての負担している保険料について細かく振り返り、皆様にも再確認という形で理解を深めて頂きました。
次に、確定拠出年金の導入によるメリットを項目ごとにご紹介しました。

 

確定拠出年金導入のメリット

① 社会保険料の削減
② 所得税・住民税の減税効果
③ 運用益・利息が非課税
④ 受取時の所得控除
などがあります。

①や②については、実際にシミュレーションを見て頂き、減税効果や保険料の削減効果を数値化し、分かりやすく説明をしました。

もちろん、多少のデメリットもございますので、デメリットについてもきちんと説明しました。
デメリットとしては、中途解約が出来ないことなどがあります。
(公的年金も中途解約は出来ないので、同じ考え方ですね。)
参加者の皆様には、興味を持って頂ける内容となったようで、真剣にメモを取られたり、ウンウンと頷かれている方も多く、
セミナー後のアンケートでも、401Kの導入を検討したいとの企業様も見受けられました。

 

細く長い資産形成ができる『確定拠出年金』!

確定拠出年金は長い期間をかけ、無理のない程度で細く長く資産形成に取り組めます。
会社の福利厚生として取り組む企業が増えてきていますので、当法人より皆様に向けて、もっと発信していけたらと思っております。

今後も定期的にセミナーを開催する予定です。
顧問先の方はもちろん、そうでない方でもご参加頂けるようご案内していきますので、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

福利厚生サービスについて

Share