Blogスタッフブログ

HRテックは人事労務の救世主になれるのか?!

HRテック(Human Resource × Technology)とは

HRテック(HR テクノロジー、HR Tech)とは、Human Resource × Technologyを意味する造語で、人事労務関連の業務をクラウドやビッグデータ、人工知能(AI)などのITテクノロジーを使い、今まで処理しきれなかった業務を効率的に解決し、人事労務の業務負担を減らしていくサービスのことを言います。
(具体的には採用管理、給与計算、勤怠管理、人材管理など)

【人事労務関連業務】
◆人事の主な業務
 主に採用・育成・評価・配置など
◆労務の主な業務
主に給与計算・勤怠管理・社会保険、福利厚生の手続きなど

※ちなみにHR(Human Resource)とは日本語で「人事」を意味します。

 

「働き方改革」への対策が求められている今、そして何より人口減少・人材不足の時代だからこそ、今まで通りのやり方に頼るのではなく、テクノロジーの力で人事労務の仕事を変えていく…


そんなニーズの高まりを背景に「HRテック(HR テクノロジー、HR Tech)」(Human Resource × Technology)は現在進行形で進化をしている最中なのです。

テクノロジーと言うと、複雑で高度な技術のようなイメージですが、本来の目的は「テクノロジーを使って人事労務担当者の業務を簡単(簡略化)にする」という事です。

 

 

「人事労務」のリアルなおシゴト事情

人事労務の代表的な仕事のひとつに「採用」があります。

「働き方改革」が叫ばれている現在、求職者市場・個人の働き方・ライフスタイルの変化…、
と同時に、労働人口減少の日本においては、慢性的な労働力不足が避けられない状況。

もちろんこのような状態は、すぐに改善されるものではありません。

このまま労働人口が減少し続けていく事は、企業にとっても深刻な問題であり、かつてのような採用活動では「人手不足を解消できない」 しかも、「これまでのように人員を割いて対応していくことも難しくなってきている…」と、多くの人事労務担当者は痛感しているのではないでしょうか。

変化し続ける時代を前に、採用力強化を図りながら、限られた人員で激しい採用合戦を乗り越えていかなければならない…
それが、現代の「人事労務」なのです。

 

 

 

「HRテック」は人事労務の救世主!?

現在多くの企業では、労働者名簿や給料計算に必要な情報、勤怠管理情報、また書類で提出された個人情報等、膨大な情報をExcelデータや紙ベースで多重保管、そして重複処理する…。そんな状況だと思います。

例えば出退勤をタイムカードで管理している場合は、打刻記録をExcelに入力しなければならなかったり、もし何か変更があった場合は再度手入力で反映しなければならなかったり、従業員から提出された様々な情報を紙データで保管・入力し、それをまたプリントアウトして関係機関へ提出したり…と、とてもアナログで面倒な処理を行っています。

「HRテック」の活用によって、これまで人員を割いて行っていた定型業務、面倒で負担の大きかった雑多な作業、担当者しか把握出来ないような属人的な業務を軽減し、幅広い領域で効率化、可視化させ、尚且つ正確に処理することが可能になるではないでしょうか。

≪HRテックの利点≫
1.情報処理能力
2.精密化
3.自動化

・人員を割いて行っていた定型業務(ルーチンワーク)の自動化・効率化
・膨大なデータの一元管理
・属人化から標準化へシフトチェンジ
・精密なデータ分析による社員のメンタルヘルス、モチベーション向上

 

勤怠・給与管理・人材管理・採用管理など、様々な種類のサービスがあり、自社の状況に応じた使い分けができるのもHRテックの特徴でも有り利点でもあります。

 

 

まとめ

HRテックを導入したからといって、決して「人事労務の担当者が不要になる」という事ではありませんが、システムを導入することによる大幅な効率化は期待できます。

HRテックが注目されている背景には働き方改革の中、人事労務業務複雑化・深刻化がありました。
「人事労務」は広くて深い業務領域であり、担当者の業務は年々複雑化、負担は拡大するばかり…

HRテックは、そんな人事労務担当者が、本来のコア業務(採用戦略や人事施策等)に集中できる環境を実現させてくれる、まさに「救世主」のような存在なのかもしれません。

しかし、そんな期待の反面、
「テクノロジーなんて難しい!」

「どんなサービスをどう使ったらいいのか解らない…」

「操作が複雑なんじゃないの?」

「費用が心配…」など、まだまだ「救世主」へとなる道のりが遠いのも事実のようです。

 

 

結局は、
自社に合ったニーズを満たしてくれる方法(サービス)があれば、それがベスト。

業務効率を上げる自社にとっての最適な方法はいったい何なのか?

課題は、企業によって様々だと思いますが、各々にそれぞれの「ベスト」があるはずです。

その「ベスト」な方法、「最適」な解決策を、私たちも一緒に考えていきます。

 

 

ひょうごHC戦略ラボ/セミナー開催のおしらせ

 成功する「採用戦略3つの裏技」
  採用力強化セミナー
~アナタならどの方法を選びますか?~ 主催:株式会社マインズ

 2019年2月27日(水)15時30分~17時30分 に開催いたします。

 ☑採用活動に関わるコストの低減

 ☑採用活動にかかる時間の短縮

 ☑人事労務担当者の業務負担の軽減 など

「雇用」を扱うプロがお伝えする、3つの裏技は、忙しくて採用活動に注力できないご担当者さまや経営者さまのお役に立てる内容となっております。

 

※お試し参加無料ですので是非ご参加ください!

詳細はこちらから

 

 

 

Share