Blogスタッフブログ

【開催報告】「新時代」の福利厚生セミナー(2018.11.15)

「新時代」の福利厚生セミナー開催
11月15日(木)14時00分~16時00分姫路本社、5階にて「新時代の福利厚生セミナー」を開催致しました。
講師はマインズグループ代表の河本が務めました。

もっと知っていただきたい。福利厚生のこと
働き方改革や人材不足といった言葉が飛び交う昨今、福利厚生の充実は、各企業にとって早急に解決するべき重要な課題のひとつと言えます。
福利厚生を充実させることは、従業員のモチベーションアップや離職率の低下、また採用強化など、充実させることで従業員も安心して働くことができ、企業にとっても様々な経営課題や人事課題の解決にも繋がるかもしれない…、と期待されています。

さて、今回のセミナーでは、これから福利厚生を作ろうとお考えの方はもちろん、既存の制度をさらに充実したものにしたいとお考えの担当者様に向け、以下の内容で講義をさせていただきました。

【セミナー内容】
①福利厚生
②なぜ福利厚生が必要なのか
③福利厚生のデメリット
④解決策は?

 

セミナーの様子
講義に際し、終始みなさん興味深くうなずいておられ 、自社で取り組み済みの福利厚生については「今後どの様に運用していけば良いのか」といった質問や、「法改正についていくためにどうしたらよいのか」 などのご質問をいただきました。

日本の福利厚生制度は「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類があります。
法定福利は法律により義務付けられている福利厚生のことで、社会保険料などのことを指します。
一方、法定外福利厚生とは、企業が任意で提供する福利厚生サービスのことで、住宅手当や家賃補助、交通費などの手当を従業員に提供する福利厚生サービスのことを指します。

法定外福利厚生は法定福利厚生と比較し、実施義務はありませんが、採用強化や従業員満足度を高めるなど、企業がどのくらい社員のことを考えているのか」を表す一つの大きな指標にもなるのです。


M’sHR社労士法人からのご提案

M’sHR社労士法人では、福利厚生の充実をはじめ、従業員の方々が心地よく働けるような仕組み作り、環境作りを企業さまのご要望に沿った形でご提案させていただきます。

福利厚生だけでなく各種助成金等のセミナー、労務管理のセミナー、業績アップのセミナー、年末調整の書き方セミナー等企業さまにとって役立つセミナーを定期的に開催しておりますので、セミナーに関するお問い合せ、労務に関するお悩みやご相談などについてはこちらからお問い合せください。

お問い合わせはこちら

 

 

Share